スポンサードリンク

慢性的な下痢改善効果のあるラクトフェリン

慢性的な下痢改善効果のあるラクトフェリン

ラクトフェリンには慢性的な下痢を改善するという効果があります。

 

もちろん、慢性的な下痢には深刻な病気が原因になっていることがありますので一概にはいえませんが、次にご紹介する慢性的な下痢には効果を発揮します。

 

ラクトフェリンをおすすめしたい慢性的な下痢の種類

胃腸炎が原因の場合

ラクトフェリンには胃や腸に引き起こされている「炎症」や炎症を引き起こしている細菌やウイルスなどの原因菌を抑制するという効果があります。

 

直接炎症を起こしている患部に作用して炎症を止め、更に肉芽の形成を早めて傷を改善すると共に、炎症の原因となっている原因菌を抑制するというダブルの働きがあります。

 

胃腸内環境悪化

老化やストレス、暴飲暴食などが慢性化すると、胃腸の機能が低下して、胃ではピロリ菌、大腸では大腸菌といった悪玉菌の繁殖を許してしまいます。

 

ラクトフェリンには実験においてこれら悪玉菌を抑制して、逆に乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を増殖させるという効果があることが分かっています。

 

悪玉菌が消化器官内にあると、体はそれを排出させようと下痢を引き起こすので、慢性的な下痢の原因になります。

 

体力低下による下痢

体力が低下すると免疫が低下することや、胃腸への血流が低下すること、消化酵素の分泌が悪くなることなどが原因となり、食べ物を上手に消化できなくなることによって下痢が引き起こされます。

 

ラクトフェリンには全身の代謝を促進して体力を向上させるという効果があります。

 

特に体力維持に重要な役割を果たす肝臓の働きを向上させるという効果があることから、アルコールやストレス、薬などによって体力が低下している場合に効果を発揮します。

 

以上のように、深刻な病気が原因ではなく、比較的軽微な原因による慢性的な下痢に効果を発揮します。

 

特に、長期的なストレスによって胃腸内環境が悪化していることによる下痢に効果を発揮します。

ラクトフェリンの服用方法

基本的には毎日継続的に摂取するようにします。

 

用法容量は決められた量として

  • 激しいストレス
  • 脂っこい料理
  • アルコールの飲みすぎ

ラクトフェリンの服用方法

など、下痢をひどくさせるようなことがあった時には、その時だけ増量して服用するようにします。

 

一日一回の場合は寝る前に服用されると良いでしょう。

スポンサードリンク